事業内容

  1. HOME
  2. 事業内容
  3. システム運用・サポートサービス
  4. 運用・サポートサービス

システム運用・サポートサービス System Management & Support Service | 運用・サポートサービス

各種システム・ネットワーク・セキュリティ運用のプロセス設計から実際の運用まで、トータルにサポートいたします。

運用プロセスはTCOの削減やITサービスの品質維持・向上のために、継続的に改善を行います。

導入効果
・日々のシステム運用手順・ルール・役割分担が明確になります。
・運用プロセスの継続的改善により、TCOの削減、ITサービスの品質維持・向上に役立ちます。
・サーバ機器やネットワークの障害未然防止に役立ちます。また、万一の障害発生時にも対応いたしますので、安心です。
・第三者検証サービスで培ったユーザ視点によるシステムサポートで、質の高い、有効なサービスを提供できます。

運用

システム運用設計

ITILをベースとして運用プロセス設計を行い、日々のシステム運用手順・ルール・役割分担を明確にします。また、運用プロセスの継続的改善により、TCOの削減、ITサービスの品質維持・向上をサポートします。

インシデント管理

サービス品質を阻害・低下させる事象に対するインシデントの検知・記録・分類を行い、それらのデータから回避策を照合することで迅速な解決・復旧を図ります。

問題管理

問題の修復や既知エラーに対する情報を管理し、インシデントの根本原因を解明することで、再発防止に役立てます。

変更管理

システム変更を行う場合の利用者や顧客への影響を最小限に抑えるために、変更リスクの評価およびその承認を管理します。

リリース管理

承認された変更に沿って、ハードウェアやソフトウェアのリリース作業の進捗を管理します。

構成管理

構成アイテムの情報を識別・維持・検証することによりITインフラサービスを管理します。また、他の管理プロセスへ正確な構成情報を提供します。

システム運用

データセンターで培ったノウハウを持つエキスパートが、サーバ機器の障害未然防止や障害発生時の対応を行います。

システム監視

監視ソフトを利用し、OSやアプリケーションなどの異常を検知します。検知する内容は随時見直しし、検知内容の精度を上げます。

定常オペレーション

バックアップ媒体の交換など日々の運用で人手が必要な作業を行います。

バックアップ運用

不測の事態に備え、OS領域・データ領域をバックアップします。もしもの場合は、バックアップしたものからリストアをし、復旧までサポートします。

パッチ適用

ソフトウェアには不具合や脆弱性が潜んでおり、それによる誤動作・攻撃の可能性があります。それらを未然に防ぐため、その対策が施されたパッチの情報を収集し、計画的にパッチを適用します。

障害対応

システム監視などにより発見した異常について、原因特定・復旧作業を素早く行います。

ネットワーク運用

データセンターで培ったノウハウを持つエキスパートが、ネットワーク機器の障害未然防止や障害発生時の対応を行います。

システム監視

監視ソフトを利用し、機器の異常を検知します。検知する内容は随時見直しし、検知内容の精度を上げます。

定常オペレーション

ネットワークへの接続機器の増減、ネットワーク構成の変更などに伴い、機器の設定変更を行います。

ソフトウェア保守

ネットワーク機器には不具合や脆弱性が潜んでおり、それによる誤動作・攻撃の可能性があります。それらを未然に防ぐため、その対策が施された最新ファームウェアの情報を収集し、計画的にファームウェアのアップデートを行います。

パケット監視

ネットワーク上の通信内容を監視し、ウィルスや不正な通信などの異常を検知します。

セキュリティ運用

豊富な経験とノウハウを持つエキスパートがインターネットやイントラネットに存在するさまざまなセキュリティリスクを未然に防止します。

脆弱性診断

サーバ、ネットワーク機器について、OS・Webアプリケーションなどの脆弱性を調べます。診断の結果と発見されたセキュリティホールについては、その内容と対策方法を分かりやすく報告書として提供します。
詳細はこちら→

ネットワークセキュリティ

Firewall、IPS/IDSの運用サービス。

セキュリティログ管理

Firewall、IPS/利用ログなど日々の活動で出力されるログや、異常やその調査に使用するログを管理します。

サポート

ヘルプデスク

主に業務アプリケーションに関してシステム利用者からの問い合わせ窓口となりシステム業務に関するトラブル、操作に関する問い合せやQ&A対応を行います。

メンバーが対応することにより、システム管理者の社内問い合わせ対応などの負荷軽減を図ることができます。