事業内容

  1. HOME
  2. 事業内容
  3. JOPSの第三者検証とは

JOPSの第三者検証とは

日本オープンシステムズ(JOPS)では、ソフトウェアの検証サービスを行っています。
高度なシステムを短納期で開発することが多くなり、出来上がったシステムを確認すると「これでは仕事に使えない」「普通に使ってバグが出る」ということも多くなっていませんか?

第三者検証のメリット

  • 圧縮されがちなシステムテスト・受け入れテストの工程を外部に切り出すことで、十分なテスト時間を確保でき、開発者は開発作業に専念できます。
  • 開発チームとは異なるテストチームが、ユーザの視点に立ち『正しくない』という観点で品質を検証します。
  • テストの専門集団なので、テストの能力、技法、ノウハウを十分に備えています。
  • 品質・コスト・スケジュールを考慮した要員の確保が可能です。

お客様からヒアリングした目的に合わせてテストを実施

JOPSのテストサービス(一例)

当社の第三者検証の特徴

お客様志向のテストを実施します
お客様密着型の柔軟なテストサービス

テストプロセスは、どのお客様にも当てはまるわけではありません。お客様の要望に合わせた最適かつ柔軟なテストを実施します。

  • 要求(品質・コスト・納期)に合わせたテストを提案
  • ソフトウェアの使用目的に合わせたテスト観点を提案
  • テストのアウトソーシング場所をお客様環境/当社プロジェクトルームで対応
開発者と通じるコミュニケーション

テストを実施して報告するだけではありません。開発者との意思疎通が可能だからこそ、スムーズなコミュニケーションで効率的なテスト実施、分かりやすい障害報告で問題の早期解決、リスクを想定したテスト戦略を立てることができます。

第三者によるテストで、品質やユーザビリティを意識したテスト
開発者に頼らないテストで、品質の向上
開発者が行うテスト 自分で作ったものからバグを出したくないため、テストが甘くなりやすい。
第三者が行うテスト 障害を見つけるためのテストを実施する。仕様通りであるかの確認だけではなく、ユーザにとって使いやすい操作・機能であるかを意識したテストを実施し、システムの品質向上につなげる。

開発者に頼らないテストで、品質の向上
蓄積されたテスト観点とISO9126を組み合わせたテスト戦略
JOPS検証プロセス
  • ISO9126に基づいたテスト観点のテストケースを作成
  • IEEE829に準拠した成果物を作成
  • JSTQB取得者:85%以上
  • テスト計画からテストサマリレポートまでトータルサポート
テスト計画~テスト完了までマネジメント
テストマネジメントも可能

リスク管理・課題管理・リソース配分・障害報告管理・テストレベルの決定、進捗管理など、テストマネジメント業務も可能です。


テストマネジメント

テストのご相談は…

当社はこれまでたくさんのソフトウェアの検証サービスを担当しました。テスト実績の有無に関係なく、お客様のシステム品質向上のために、私たちは力になりたいと思っています。


  • テストケースはあるが、テストをする時間が足りない
  • テストをしているけど、バグが減っていかない
  • 仕様書が揃っていないけれど、テストを頼みたい
  • 外注した開発品質が不安なのでどうにかしたい
  • テスト作業の進め方は勉強したけれど、自分のプロジェクトでどうやって推進すればいいのか不安
  • 今までテストを外注したことがないから、まずは何をすればいいのかわからない

など、色々な悩みを私たちの検証サービスが解決します。
お客様のおかれている状況に合わせた検証サービスを提案しますので、まずは、お気軽にご相談ください。