Software Quality Assurance Support Service

品質保証支援サービス

JOPSくん

検証

品質保証支援サービス

品質評価基準の設定、品質目標の設定、品質状況の可視化、テストプロセスと成果物の標準化、設計ドキュメントのレビュー、監査など、多岐にわたる品質保証活動を支援します。

品質保証支援サービスで導入できること

  • 客観的な視点で問題点を発見し、改善策を提案することにより、リスクを低減できます。
  • 第三者が成果物をレビューすることにより、先入観で見逃していた潜在バグの発見、開発工程の手戻り防止、仕様の理解/確認不足の解消などの効果があります。

品質保証支援サービスについて

数値で可視化

品質リスクが高い箇所を定量的に可視化します。

数値で可視化

品質レポートのご提供

システムリリース判定の判断材料となる品質レポートをご提供します。

品質レポートのご提供

テストプロセス改善

お客さまのシステムに合わせたテストプロセスの改善、品質管理規定の作成を支援します。

テストプロセス改善

品質保証支援サービスの特徴

品質分析・可視化サービス

現状の品質をできるだけ正確に把握したいというニーズに応えて、品質モデルとメトリクス(評価尺度)を用いて品質状況を測定・評価・分析・可視化します。 品質状況を可視化するためには、具体的に次の手順で進めます。

  1. 品質評価基準を設定
  2. 対象とするメトリクスを選定
  3. 測定
  4. 結果を評価基準と比較しながら分析
  5. 品質レポートを作成

品質分析により、品質リスクが高い箇所がないかどうか、リリース前の判断材料としてご提供します。

品質分析・可視化サービスイメージ
プライバシーマーク

(株)日本オープンシステムズ 〒930-0057 富山市上本町3-16上本町ビル7F 076-493-8010(代) 076-493-8555 事業所:北陸事業所/東京事業所/長野事業所/金沢事業所/名古屋事業所

ページTOPへ