Business Intelligence Tool Service

BIツール 導入サービス

JOPSくん

BIツール分析でビッグデータ利活用

BIツール「ビジネス・インテリジェンス(Business Intelligence)ツール」は、企業に蓄積されている大量のデータを集約・分析・見える化し、企業経営の迅速な意思決定を支援することで、多様な「気づき」をご提供します。
データの法則性や規則性の発見、データ分析に基づいた予測・判断が必要なシーンでご利用いただけます。

BIツール導入イメージ
BIツール画面イメージ
MotionBoardの画面イメージ

取り扱いツール

MotionBoardDr.Sum

グラフィカル、他システムとの連携に強い。
Dr.Sumはリアルタイム処理、超高速集計、加工に特化したデータベースエンジンを備えたデータ基盤ソリューション。

MotionBoard
Dr.Sum

Power BI

Microsoft製品
Office系アプリとの連携が得意。

BIツールとは

BIツール

データの集約と見える化(可視化)イメージ
データの集約と見える化(可視化)
データを様々な角度からの分析イメージ
データを様々な角度からの分析
矢印

BIツールは、アイデア次第で活用方法が無限大!

開発事例イメージ

製造部門

製造設備の稼働状況データから、生産効率向上や、ロス発生率から原因究明に役立てる。

営業部門

受注計画と実績の推移や行動履歴を見える化し、作業効率の向上や営業方針検討に役立てる。

総務部門

レポート出力機能を用いて定型レポート作成の作業負荷を軽減させる。

管理部門

売上状況や損益、各経営指標をグラフィカルに表現することで、問題発見や対策方針の判断を促す。

サービス導入の流れ

現状の業務を分析し、業務改善につながるデータの見える化が行える環境をご提供。
環境構築後は、運用・教育を支援するとともに、データ活用する文化を社内へ浸透させ、さらに定着化を推進します。

業務改善提案支援

  • 社内BI化に向けてのロードマップ、グランドデザインの策定
  • PoCによる要望ヒアリング
  • KPIの検討

設計

  • システム構成、方式設計
  • ダッシュボード画面設計
  • データモデル/データフロー設計

構築・開発

  • データ活用基盤環境の構築
  • データ取込/加工/ロード処理の自動化(ETL開発)

テスト

  • 数値検証
  • 業務評価/トライアル
  • 負荷/性能試験

運用・教育支援

  • インシデント対応
  • 社内教育支援
  • 業務定着化推進支援

※上記導入の流れのうち、一部の工程のみの作業も承りますのでご相談ください。

開発事例

  • 全社共通レポート

    日々の予約状況を前年同日と比較し予約日、出発日、営業本部、チャネル、地域、キャリア、商品といった軸で分析可能なデータに集約。

  • 全社売上速報

    売上実績データを日次でDWHに取込、売上見込データと比較を行い、全社の売上状況を毎日速報として配信。

  • 予算実績比較

    今年度の予算と実績の差異を比較し、差異の要因をドリルダウンすることで調査し、来年度の予算作成時の参考情報とする。

  • 生産予実管理

    取引先毎の生産計画・実績・在庫状況を集計表で一覧化、計画に対する実績達成率をグラフを使って見える化。

  • 在庫推移シミュレーション

    生産計画をもとに、現在の在庫数から今後どのように在庫数が推移するかを見える化、ダッシュボード上で計画値を変更し、変更したことでどのように在庫数の推移が変化するかを見る。生産計画を立てるために使用。

  • 部品表差分一覧

    部品表の差異を一覧化、差分件数の推移をグラフ表示。元となるマスタデータの管理に使用。

  • リアルタイムモニタ

    各製造ライン毎のリアルタイムな生産状況を表示したダッシュボード(現場のモニタに表示)当日の計画・実績を数値で表示、時系列で計画・実績推移・実績予測をグラフで表示、製造ラインのステータス、24時間のライン状況を見える化。

  • サイクルタイム

    各ライン、部品番号毎のサイクルタイムをヒストグラムを用いて表示。

プライバシーマーク

(株)日本オープンシステムズ 〒930-0057 富山市上本町3-16上本町ビル7F 076-493-8010(代) 076-493-8555 事業所:北陸事業所/東京事業所/長野事業所/金沢事業所/名古屋事業所

ページTOPへ