Cato Cloud 導入支援サービス

JOPSくん

グローバル企業のビジネスを支える 世界初のSASE「Cato Cloud」

  • Cato Cloud は、ネットワークの接続、保護、管理を提供するコンバージド(統合)プラットフォームです。
  • クラウドリソースおよびユーザー全体において、レガシーネットワークやセキュリティのポイントソリューションを代替あるいは増強するために、お客様の要件に応じた展開が可能です。
  • Target Concentration Purpose Designation Adjustment Attack Single Point Email Training Service
    出典:Cato Networks(https://www.catonetworks.com/)

グローバルプライベートバックボーン

  • ネットワークプロバイダーを介して接続された65以上のPoPのプライベートグローバルバックボーンで実行されます。
  • PoPsソフトウェアは、遅延、パケット損失を継続的に監視し、すべてのパケットに最適なルートをリアルタイムで決定します。
  • WANおよびクラウドトラフィックのルート最適化と、サービスの稼働時間を最大化するための自己修復アーキテクチャを提供します。
  • パブリックインターネットよりも優れており、グローバルMPLSやその他のレガシーバックボーンよりも手頃な価格の接続を体験できます。
  • Target Concentration Purpose Designation Adjustment Attack Single Point Email Training Service
    出典:Cato Networks(https://www.catonetworks.com/jp/cato-cloud/)

世界初のSASE「Cato Cloud」の特徴

    Target Concentration Purpose Designation Adjustment Attack Single Point Email Training Service

リモートアクセスのセキュリティと最適化

    Cato Cloudは、グローバルなネットワークおよびセキュリティ機能を1人のユーザーのラップトップ、スマートフォン、またはタブレットにまで拡張します。
    モバイルユーザーとリモートユーザーは、ネットワークとセキュリティインフラストラクチャの二流市民のように扱われなくなりました。
    Cato Cloud クライアントまたはクライアントレスブラウザアクセスを使用して、ユーザーは最も近いCato PoPに動的に接続し、トラフィックはCato Cloud グローバルプライベートバックボーンを介してオンプレミスまたはクラウドアプリケーションに最適にルーティングされます。
    Cato Cloudのサービスとしてのセキュリティスタックは、あらゆる場所の脅威からユーザーを保護し、アプリケーションのアクセス制御を実施します。
    従来のVPNとは異なり、Cato Cloud ソリューションはグローバルに拡張して、従業員全体の24時間365日のアクセスをサポートし、在宅勤務のための実行可能な事業継続計画を作成します。

    イメージ
    出典:Cato Networks(https://www.catonetworks.com/solutions/)

サービスとしてのセキュリティ

    イメージ
    出典:Cato Networks(https://www.catonetworks.com/solutions/)

    Cato Cloudは、Cato SASE クラウドにネイティブに組み込まれている完全なエンタープライズグレードのネットワークセキュリティスタックを使用して、すべてのWANおよびインターネットトラフィックを検査します。
    セキュリティレイヤーには、アプリケーション対応の次世代ファイアウォールアズアサービス(FWaaS)、URLフィルタリングを備えた安全なWebゲートウェイ(SWG)、標準および次世代アンチマルウェア(NGAV)、マネージドIPS- as-が含まれます。
    a-サービス(IPS)。Cato Cloudは、侵害されたエンドポイントを検出するための包括的なマネージド脅威検出および応答(MDR)サービスを使用して、ネットワークをさらに保護できます。
    すべてのレイヤーは、アプライアンスやその他のポイントソリューションのサイズ設定、パッチ適用、またはアップグレードを必要とせずに、すべての顧客トラフィックを復号化および検査するように拡張できます。
    セキュリティポリシーとイベントは、セルフサービスのCato Cloud 管理アプリケーションを使用して管理されます。

クラウドの加速と制御

    Cato Cloudは、すべてのエッジからクラウドデータセンターに最も近いCato PoPにすべてのトラフィックをルーティングすることにより、クラウドトラフィックのシームレスな高速化を提供します。
    Cato PoPは主要なクラウドプロバイダーのデータセンターフットプリントを共有するため、Cato Cloudとこれらのプロバイダー間のレイテンシーは基本的にゼロです。クラウドアプリケーションアクセスの最適化には、クラウドアプリケーショントラフィックがSASEクラウドから出る場所を決定する単一のアプリケーションレベルのルールが必要です。
    クラウドへの遅延を減らすために、クラウドアプライアンスをインストールしたりハブをセットアップしたりする必要はありません。

    Tetra21イメージ
    出典:Cato Networks(https://www.catonetworks.com/solutions/)

エッジSD-WAN

    イメージ"
    出典:Cato Networks(https://www.catonetworks.com/jp/cato-cloud/)

    Cato Socket SD-WANデバイスは、1つ以上のラストマイル接続を介して物理的な場所を最も近いCato PoPに接続します。お客様は、ファイバー、ケーブル、xDSL、および4G / LTE接続の任意の組み合わせを選択できます。
    Socketは、アクティブ-アクティブリンクの使用、アプリケーションおよびユーザー対応のQoS 優先順位付け、リンクのブラックアウトとブラウンアウトを回避するための動的パス選択、 パケット損失を克服するためのパケット複製など、複数のトラフィック管理機能を 適用します。
    Socketは、MPLSおよびインターネットを介してサイト間トラフィックをルーティングし、地域およびアプリケーション固有の要件に対応することもできます。

お客様のご要望や規模に応じたネットワーク構成の設計など、培ってきた知識やノウハウを活かして、お客様に最適なネットワーク環境をご提案し、その構築をご支援いたします。

    Target Concentration Purpose Designation Adjustment Attack Single Point Email Training Service
プライバシーマーク

(株)日本オープンシステムズ 〒930-0057 富山市上本町3-16上本町ビル7F 076-493-8010(代) 076-493-8555 事業所:北陸事業所/東京事業所/長野事業所/金沢事業所/名古屋事業所

ページTOPへ