Software Test Service

ソフトウェアテストサービス

JOPSくん

検証

ソフトウェアテストサービス

開発者とは異なるユーザ視点で、効率的かつ網羅的にソフトウェアの欠陥を発見します。

ソフトウェアテストサービスで導入できること

  • 適切なテスト技法を適用したシステム検証を実施することで、ソフトウェア・製品の品質リスクを低減します。
  • 開発初期段階からお客さまと情報を共有しながら、各開発工程に応じたテスト計画を立てることで、要求・設計の漏れや曖昧さを早期に発見できます。
  • ユーザビリティ観点での検証が可能です。
  • お客さま社内における品質チェックチーム・部門の立上げに関するサポートで、業務効率化を図れます。

ソフトウェアテストサービス活躍シーン

エンタープライズ向け
検証

金融系システム/流通系システム/人事系システム/駅務システム/各種パッケージ

エンタープライズ向け検証

コンシューマ向けソフトウェア・製品検証

車載機器(カーナビ、AV)/携帯/スマートフォン/タブレット/TV/レコーダー/ゲーム機/無線Wi-fi機器/PCアプリケージョン

コンシューマ向けソフトウェア・製品検証

Webサービス向け
システム検証

健康系サービス/音楽・動画配信サービス/クラウドコンテンツサービス

Webサービス向けシステム検証

検証共通サービス

マルチ・プロダクト検証サービス/接続互換性検証サービス/テストツール導入支援サービス

検証共通サービス

テスト開始から完了までの流れ

テストプロセス

開発プロセス

ヒアリング・ご提案

INPUT
機能概要
ご予算など

OUTPUT
提案書
見積書

要件定義

テスト計画

INPUT
要求仕様書
全体スケジュール

OUTPUT
テスト計画書
テストスケジュール

基本設計

テスト設計

INPUT
各種仕様書
画面遷移図

OUTPUT
テストケース
テストデータ
仕様QA

詳細設計

テスト実行

INPUT
テストケース
テストデータ

OUTPUT
テスト実行結果
インシデントレポート

プログラミング・
バグ修正

完了報告

INPUT
テスト実行結果
インシデントレポート

OUTPUT
テスト完了報告書
インシデントサマリ

リリース・運用

ソフトウェアテストの特徴

適切な検証プロセスでシステム品質向上

障害の数で品質は判断できません。適切な検証プロセスで品質を作りこみ、システムの品質向上につなげます。まず始めにテスト工程のプロセス定義を行い、工程毎の漏れを防いで、成果物の明確化を行います。

  • テストプロセスと成果物は、JSTQBに準拠した形で実施します。
  • ISO9126に基づいたテスト観点で抽出し、テストケースを作成します。
  • リスクベーステスト、ユーザビリティテスト、機能・非機能テスト、ユースケーステスト等により品質・コスト・納期を意識したテストをしています。
  • IEEE829に準拠した成果物を納品しています。
適切な検証プロセスでシステム品質向上イメージ
適切な検証プロセスでシステム品質向上イメージ

W字モデルでスケジュールを短縮

開発初期段階から顧客要求・仕様に関する情報を共有し、各開発工程に応じたテスト計画策定により、要求・設計の漏れや曖昧さを早期に発見します。W字モデルで効率的に ”品質の作りこみ”を行うことで、全体スケジュールの短縮につなげます。

W字モデルでスケジュールを短縮イメージ

問題点の見える化で品質向上

テスト計画時にメトリクス(評価尺度)を設定し、テスト実行時に取得したデータを分析することで、品質状況の可視化を行い、問題点に対する原因と品質向上に向けた課題、対策の明確化につなげます。

【例】
障害件数表、機能別/原因別・障害発生件数表、重要度メトリクス、バグ修正時間メトリクス、ソースコードメトリクス、品質特性レーダーチャート

原因別障害件数グラフ
信頼度成長曲線/検出目標・実績対比グラフ
機能別障害発生件数グラフ
平均障害修正時間メトリクスグラフ

業務システムの受け入れテスト

テストの方針、範囲、タイプを提案後、システム利用者の立場でテストシナリオを作成し、テスト実行結果を開発チームへフィードバックすることで、品質向上につなげていきます。また、お客様組織へシステム検証ノウハウを情報展開することで、品質チェックチーム・部門の立上げをサポートします。

多面的視点でのユーザビリティ評価

開発要求(仕様通り動作するかという機能テストの視点)だけではなく、システム利用者の視点から、製品・システムの魅力性、使用性、パフォーマンス等の観点で評価します。

定量的手法 評価手法 詳細
定量的手法 アンケート調査 WAMMI(ソフトウェアのユーザビリティ評価スケール)
定性的手法 ヒューリスティック評価 経験則に照らし合わせた専門家による評価
  ユーザーテスト
(ユーザビリティテスト)
被験者の行動、発話からユーザインタフェース上の問題点を発見
  ヒートマップテスト
(アイトラッキング調査)
視線解析ツールを使用しサイトの使われ方を分析

経験豊富な人材と実績

経験豊富なテスト管理者、設計者、実行者により、テスト計画、設計、実行、報告を行います。
【システム検証担当者の資格について】
JSTQB資格保持者:85%以上
その他保持資格:IVEC、JCSQE、QC検定

検証ラボで情報漏洩から守る

当社では、プロジェクト関係者以外の入室を不可とした検証ラボを完備しており、リリース前の製品情報漏洩を防ぎます。

導入実績

  • 開発ツール・デザインツールのユーザビリティ評価

    ツールのUIを評価し、ユーザビリティの高低の度合いを測ります。

プライバシーマーク

(株)日本オープンシステムズ 〒930-0057 富山市上本町3-16上本町ビル7F 076-493-8010(代) 076-493-8555 事業所:北陸事業所/東京事業所/長野事業所/金沢事業所/名古屋事業所

ページTOPへ